TOP
MENUMENU

安全靴の基礎知識 – 安全靴・作業靴の規格とは

title_hikaku

jis_jass_title1

先芯の入った安全靴・作業靴には、「JIS(日本工業規格)」と「JSAA(公益社団法人日本保安用品協会)」が定める2つの規格があります。それぞれ安全性と耐久性を測る試験をし、JIS合格品を[安全靴]JSAA認定品を[プロテクティブスニーカー]と呼んでいます。

JIS合格品とJSAA認定品との大きな違いは使用できる素材耐久性です。JIS合格品※は甲被が革製または総ゴム製(安全長靴など)に限られ、人工皮革製が多いJSAA認定品と比べ甲被の耐久性も高く、はく離抵抗の試験においても人工皮革製のJSAA認定品より高い耐久性が求められます。
※JIS T8101の場合

【JIS】と【JSAA】の主な違い

jis_jass_kikaku_chart1
jis_jass_kikaku_chart2
jis_jass_kikaku_chart3

JIS規格とJSAA規格の比較(抜粋)

jis_jass_kikaku_chart4

JISとJSAAの基本性能比較(抜粋)

jis_jass_kikaku_chart5

JISとJSAAの基本性能比較/試験時の中底と先芯のすきま

jis_jass_kikaku_chart6

付加的性能[JIS T8101とJSAA](抜粋)

jis_jass_kikaku_chart7

帯電防止性能[JIS T8103とJSAA](抜粋)

jis_jass_kikaku_chart8