TOP
MENUMENU

安全靴の基礎知識 – 安全靴のお手入れ

title_oteire

anzen02_021柔らかい布やブラシでホコリや汚れを落とす。
anzen02_032革靴は、メリヤス地などに靴クリームをとり、靴全体にうすく伸ばした後、磨き布で拭きあげる。汚れのひどい場合や、人工皮革製のものは、靴専用のローションクリームで汚れを落とす。革靴は、その後は、靴クリームを塗って拭きあげる。

※靴専用のローションクリーナーはさまざまな種類がありますので、素材にあったものを使用してください。靴クリームには乳化性クリームと油性クリームがありますが、油性クリームを多様すると革質をいためることがありますので、通常は乳化性クリームを使用し、油性クリームの使用は最小限にとどめてください。
anzen02_043靴が濡れた場合は、水分を含ませた布で汚れを落とし、乾いた布で表面の水分をとってから靴の中に新聞紙をつめ、陰干しして自然乾燥させる。
乾いた後は[2]に準じて手入れを行う。靴の表面に白い粉などが吹き出した場合は石けん水で拭き取った後に、[2]の手入れを行う。