TOP

製品詳細検索

業務・シーン

規格

シリーズ

機能(複数選択可)
形状(複数選択可)
カラー(複数選択可)
小さい・大きいサイズ
靴底
タイプ
安全靴に関するお問い合わせ 安全靴・作業靴カタログ請求製品を選ぶ
  • バナー

  • 記事を検索

    ミドリ安全が作る靴とは – 足の構造

    title_kouzo

    人と歩く足の底の筋肉が運動して、血管を収縮させ、血液を心臓に押し戻す働きをします。つまりポンプの働きを果たすわけで、第二の心臓といわれる所以です。また、人間の骨は全身で約200のパーツからなり、そのうちおよそ1/4が足首から下に集まっています。それほどに足は複雑で精密な構造を持っています。人間が二本の足で立ち、歩き、走るといった人間独自の働きができるのも、これらの骨と筋肉、靱帯、神経の総合作業なのです。安全靴の設計は、まず足の構造を徹底的に研究することからはじまります。

    shose02_01

    足には3つのアーチがある。

    人間が2本の足で立ち、前後左右、自由に身体の移動ができるのは、足に3つのアーチがあるからです。足の内側アーチ、外側アーチ、そして前足横軸アーチ、これからの3つのアーチが、歩行時にバネの役目を果たします。shose02_02

    足の疲労は、腰、肩、内臓に。

    shose02_03長時間にわたって足に負担がかかり続けると、足全体、とくに「舟状骨」が下がって、土踏まず部のアーチが体重を支えきれなくなります。アーチがバネの働きを失ってベタっと低くなる、いわゆる「ベタ足」状態です。こうなると歩幅が小さくなり、疲れが疲れを呼び、やがては足の痛みに、さらには腰や肩、内臓まで悪影響を与えます。

    腰痛を減少させた安全靴。

    ミドリ安全は、日本の足の権威である城戸正博医学博士と共同ワークを行ってきました。
    長年にわたる調査・研究・改良の成果に、安全靴による腰痛の減少・緩和があげられます。
    ミドリの安全靴の導入によって、ある製紙工場では、男性で64%から14%に、女性は70%から24%に、腰痛が緩和・減少しました。安全靴は、ただ足を保護するだけでなく、働く人の健康を守るための靴であることを示す一例です。

    日本の安全靴は、ミドリからはじまった。

    日本の安全靴のルーツをさかのぼると、1950年頃につくられた「安全草履」にたどりつきます。
    これは草履に先芯を取り付け、ソールに古いゴムタイヤを使用したもの。
    ミドリ安全は「優れた安全品質がすべてに優先されなくてはならない」という理念のもと、安全靴・安全保護具のリーディングカンパニーとして時代を先取りしてきました。
    1982年には「工業技術院賞」を受賞。これはJIS取得工場の中から品質管理が特に優良な企業に送られる賞で、安全靴業界では初めてのことでした。また業界で初めて、働く人の健康に考慮した「健康安全靴」を開発したのもミドリ安全です。ミドリ安全は、つねに時代に先駆けることによって、プロの信頼に応えるブランドであり続けてきました。